ワンルームマンション投資でローンを組む


ワンルームマンション投資でローンを組むとき、ローンの返済額を出来るだけ少なくするように心がけましょう。

でないと、全ての不労所得を返済に廻さなければいけなくなり、何のために膨大なリスクを背負ってワンルームマンション投資をするかわかりません。

スポンサードリンク


ローンの返済額を少なくするためには実際の借りている額を少なくすることが大切です。ですけどこれは、現金を用意しましょういう意味ではないんですね。

そもそも現金が用意出来るのであれば、ローンすることなんて考えないでしょうしねw

たくさんローンをして買ってもいいんです。返済を不労所得に頼れるなら。
大きな額をローンしても大丈夫です。ローンして買う物件がそれ以上の価値なら。

ローンが出来るという物件は、それなりの額で売れる物件のことが多い。
物件価値が売値と同等、あるいはそれ以上の価値があるのであれば、ある程度投資額を回収出来たあと、もう一度ローンの残債額程度で売りに出します。そうすれば、どれだけ巨大なローン返済も売れた値段で完全返済できますから。買った値段と売った値段が同じであれば、不労所得分、投資の儲けが出ますよね。

つまり、返済額を少なくしてローンするということは、買った値段と売った値段が同等になりやすい物件を買うという意味なんですよ。

スポンサードリンク


posted by 不労所得で法人経営する不動産投資家 at | ローン対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。